SDGsへの取り組みについて

SDGsとは

リアルティ株式会社とリアルティグループである、あんしん住宅ネット株式会社は、SDGsの理念に賛同し、当社の事業活動による地域社会・経済への貢献、また、人材採用・育成などによる社会への貢献を通じ、持続可能な世界を実現する為の活動を推進して参ります。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

リアルティ株式会社と、リアルティグループであるあんしん住宅ネット株式会社は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

重点課題に対する当社のチャレンジ

私たちは、私たちの事業を通じて、地域社会の活性化と不動産流通市場の活性化を持続的に発展させる事を目指します。

地域社会活性化への貢献

地域活性化を推する為に、地元イベントや団体への積極的な協力を行っております。 地域の子供のスポーツ活動を積極的に支援する事は、子供の体力増進はもちろん、地域全体のコミュニティの活性化を自然活性化し、地域内外のつながりを促進します。私たちはこうした地域貢献活動に今後も積極的に貢献して参ります。
活動例:開港祭イベント協賛・ボランティア参加。自社協賛の地域バスケットボール大会開催、地元サッカークラブへの協賛を行っております。

地域経済・地球環境に関する貢献

東京一極集中による地方の空洞化と、住宅市場においては中古住宅の価値下落が激しく新築と比較し極端に流動性が低い問題が、空き家問題として社会的な課題としてあります。政府の推進する中古住宅活性化への取り組みと東京一極集中による地域の空洞化を解決する一つの手段として、既存中古住宅の価値を「リノベーション」を通じて再構築、安全性を高め魅力ある中古住宅として再販売を行う事で、地域に人の流入を促進し、地域活性化と社会貢献に繋げられると思っております。

環境的な側面

中古住宅を取り壊す際に出る「ゴミ問題」を減らす事と、リノベーション改良による、住宅の断熱等の性能強化、現代のライフスタイルに則した機能改善を行い生活安全面の向上を実現します。リノベーション住宅の普及を通じて「環境資源を守ること」「省エネルギー化」「地球温暖化抑制」「あんしん出来る住宅環境」を実現し、地球環境への持続的な貢献を目指します。

PAGE TOP